大阪八尾の女性税理士ブログ

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士 阿部ミチルのブログ

代表税理士・社会保険労務士 阿部ミチル

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士ブログ

語先後礼について学ぶ

久しぶりのテレワークで時間を有意義に使った大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

久しぶりに朝から夕方までのzoom研修だったので自宅で受講をしておりました。通勤時間が省けるだけでも普段できない色々なことが出来て部屋があっという間に綺麗になりました。ちょっとの時間なのに^ – ^

今日は事務所で午前中は、新人教育の研修プログラムを受講しておりました。そこで学んだのが「語先後礼」。

お辞儀の仕方なんて、多分私が新人の頃は習った記憶がありません。

その中で、女性は左手を重ねて両手を重ねると言うのを習いました。なぜ左手が上なのか?今まで右手を上にしていたように思います。これは、右手は利き手の場合が多いので武器を持つ手、だから左手を添えて利き手を見せない。相手に安心感を与えるためなんだそうです。

なるほど、そこまで考えて挨拶したことなんてなかったなぁと反省。

そして、挨拶するときは、挨拶してから頭を下げる。これもやってなかったなあと反省。確かに挨拶しながら頭を下げるよりも好印象(^-^)

ちょっとしたことですが意識してやっていこうと思います。

新人教育のやり方を学びつつ、自分も学ぶことがいっぱい。頑張ろう。

オンラインで加速について考えてみました。

在宅でも十分回る仕事ではありますが、在宅勤務はzoomセミナーの時だけという大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部です。

zoomセミナーが増えて、しかも無料のセミナーも増えて、今まで無料でもわざわざ行くとなると億劫だったセミナーに気軽に参加ができる世の中になりました。

無料ではなく高額だったとしても、わざわざ旅費を使って遠くまで行く必要がなくなり、セミナー申込みをポチポチ今まで以上に参加するようになりました。

いつでもどこでも参加できるということで、時間は問わず。アーカイブで見れるセミナーだと余計ですね。

我が家の大学2年生の次女は、ミーティングだのオリエンテーリングだの、課題をzoomで友達とやるなど、それこそ時間も夜の12時を過ぎてもzoomをやっていて、時間も問わずになっています。オンラインをめちゃめちゃ活用しています。

そこで思うのが、世の中の流れる速さに体がついていくのが大変だなということ。歩く速度、車の速度、新幹線の速度、飛行機の速度。人間は歩く速度が一番楽で飛行機が一番疲れると聞いたことがあります。世の中の流れの速さについていくのは、慣れるまではストレスを知らず知らずのうちに感じているのかもしれません。

それでも、職業柄たくさんセミナーを受けることができるのは、とてもありがたい世の中になったと思っております(^-^)

アスパラを堪能した2021年春

実家から送られてくる野菜たちが大好きな八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

山形にはずっと帰れていません。。。というわけで、実家の父母にもずっと会えておりません。心配。

早くコロナが終息して、普通に会いに行きたいなぁ。。。

そんな山形から今年はアスパラが何度となく送られてきました( *´艸`)これがめちゃくちゃ美味しいアスパラなんです♪

たまたま飲食店のお客様にそのお話をすると、仕入れたいとのことで、大阪でもお使いいただいて、すごく幸せです。料理人さんの手にかかるとこんなおしゃれで美味しいお料理に(*’▽’*)

色々なお料理に使っていただいて、大阪の皆さんにも食べてもらえるなんて、親近感が湧きます(*´꒳`*)使っていただいたお客様にも感謝m(__)m

そして、せっせと送る手配をしてくれた母にも感謝^ – ^

ありがとう♪

コロナで金婚式のお祝いもしてあげれてないので、コロナが終息したら、時間とってどこかへ連れて行ってあげようと思います^ – ^

時代の流れが加速していると感じた出来事

大変ご無沙汰しておりました。

日々世の中の変化の速さを感じながら過ごしている大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

コロナ禍、本当に大変な思いをされている方も多いかと思います。そして、良くも悪くも時代は大きく変わりました。

時代の流れの速さが加速している中、とある焼き肉店に行った時の出来事。

なんと配膳ロボットが導入されていました!

テレビや新聞では見ていましたが、初めて実物を見て、思わず写真を撮ってしまいました(笑)

スピードはそれなりに早く、人がいるとちゃんと止まったり、目的のテーブルまできちんと配膳します。配膳ロボットなんだから当たり前かもしれませんが、すごいなあと感動してしまいました。

人とロボットが共存しながら働いている職場といった感じです。ドリンクなどこぼれるようなものは、人が運び、席の案内も人が行い、ロボットはこぼれないような料理を配膳する。

これからもっとそんな時代になるのでしょうか?

だからこそ、人の温かみを感じることができるお店も必要になってくるのかなと思います。そこはやっぱり人間なので、きめ細かな人のサービスは、やはり心地よさを感じたりします。

皆さんはどう思われるでしょうか。

納税表彰式・税の作文表彰式に出席しました。

作文は大の苦手だった大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

昔から作文とか感想文は苦手でした。夏休みの宿題で感想文は一番最後に残してしまうタイプです。

割とこのタイプは多いかとは思いますが、我が子もそれを受け継いでしまっております。

中学3年生になると全部の学校ではないかもしれませんが、夏休みの宿題で「税についての作文」が出されます。

その税の作文を書くにあたっての事前講義ということもあって、租税教室で中学校に税理士などが行かせていただいてます。

 

私も今年の夏に中学校へ行かせていただきました。

租税教室の講義で「プリズムホールの表彰式で会えるのを楽しみにしてますね!」と言って締めくくったので、私が講師で行った中学校の生徒が受賞しているかな?と思いながら、初めて税についての作文表彰式に出席しました。

式次第をみると私が講師で行った中学校の生徒も何人か表彰式に来ていて、私のことは覚えてないかもしれないけど会えてよかったです^ – ^

それにしても立派な作文を書いていて、感心させられました。租税教室を通じて少しでも税への理解が進めばいいなと思います。