大阪八尾の女性税理士ブログ

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士 阿部ミチルのブログ

代表税理士・社会保険労務士 阿部ミチル

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士ブログ

「ダイ精工」さんのstampman

秋の夜の空気が苦手な大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

秋の夜、鈴虫の鳴き声、風情はあるのですが、秋の夜の空気はなぜか寂しく感じてしまってちょっと苦手です。

夏の夜の空気とのギャップがありすぎるからなのかもしれません。。。一人で秋の夜風に当たるのは嫌いです。

 

それはさておき、私がよく行く居酒屋「炭焼尚店」さんで、八尾で金属加工の会社を経営されているダイ精工さんの社長様ご夫婦とカウンター席で隣に座らせていただく機会がありました。

そこで「こんなんも作ってるんです。」と見せてくれたのがstampman♪炭焼尚店さんへプレゼントしたものを見せてもらいました。

顔をくるくる回すとシャチハタになっています。

一目惚れして、即買うことを決意。八尾で商売をしているので、八尾産のものを使えるのはすごく嬉しいことだなと思います。知合いにもプレゼントして喜んでいただきました♪

 

事務所のインテリアも兼ねて、玄関にちょこんと座っています。大阪総合労務会計事務所の住人になっています(笑)

 

 

立つこともできるんですよ。

 

体の部分にある石は色を選ぶことができます。私はぱっと見で気に入ったオレンジ色にしました。ちなみにstampmanはゴールドのバージョンもあります。

 

stamp manは、平成29年11月18日(土)に開催されるやお80映画祭2017に80秒映画で登場予定なんだそうです。

やお80映画祭は、八尾の魅力を映画で伝えようという趣旨となっています。

八尾にちなんで80で80秒ということだと思うのですが、80秒で魅力を伝えるのってとても難しいと思います。先日八尾商工会議所で行われた八尾地域クラウド交流会でも、プレゼンターの方が自分のお店や会社の魅力を伝える時間は3分でした。3分でもかなり短く感じたので80秒でどんな風にstampmanが登場するのか楽しみです♪

ダイ精工さんホームページ →http://www.daiseiko.jp/

やお80映画祭ホームページ →http://yao80.jp/

 

行政書士会からの社労士会の研修会へ

いつ見ても大川の景色はいいなあと思う大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

たまたま、夕方から川辺で音楽イベントが行われていました。大川は日が暮れても綺麗だなと思います。

先週金曜日は、午後は行政書士会の研修会で吹田まで、終わってからは社労士会の研修会で天満橋にと研修会のはしごをしておりました。

今回の行政書士会の研修会は、入管業務の基礎についての研修で、入管業務の仕事をしたいから研修会を受けに行ったというよりは、お客様で外国人の方が起業している場合、または、お客様が外国人の方を雇い入れたいといった場合に、どんな条件をクリアしなくてはならないのか、どんな仕組みになっているのかを知るのが目的でした。基礎的な内容だったため、細かいところは講師の先生に確認してある程度の大枠は掴むことができました。

今回の行政書士会の研修は他支部主催の研修会だったのですが、私も含めて他支部からもたくさんの方が来られていて、会場は満員の状態でした。外国人の観光客が増えているというだけでなく、外国人の方を雇いたい、外国人の方が日本で起業したいという需要も増えています。

行政書士の仕事は、本当に多岐にわたるので、何かを専門としている行政書士の方がほとんどです。これからは、入管業務を専門に業務を行う行政書士も増えていくのかもしれません。

 

夕方からは、天満橋にある社労士会館で就業規則についての研究会でした。ある事例について、班に分かれて話しあいながら解決策を探っていき、次回はそれについて弁護士の先生に講評していただきます。第1回の就業規則研究会よりも発展的な事例となっていました。

 

事例は、かなりえぐい内容になっていますが、社労士として長年やられている先生方からするとリアルにある内容だそうです。

労働紛争まで発展する前に、予防策しておきたいところです。

予防するには、やはり、就業規則が必要です。

備えあれば憂いなし。トラブルが起きてからでは、対応策が限られてしまいます。就業規則をまだ作っていない会社の方は、何も起きていないうちに作成することをお勧めします。

大成功だった八尾地域クラウド交流会!

八尾地域クラウド交流会で第6投票所を担当させていただいた大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

クラウド交流会、略称ちいクラは、関西ではまず八尾から始まりました。2年ほど前から始まったちいクラは、現在全国各地で行われています。

 

八尾のちいクラは、サイボウズの社長室フェロー野水 克也氏のセミナーからスタートしました。

サイボウズの働き方、自社でも取り入れたいと思うところがたくさんありました。育児休業中、介護休業中でも社員をつなぎとめるために孤立させない仕組みとして、休んでいる間の社員にもきちんと情報共有をする・自社の進んでいる道を示す、副業オッケーでどんどん他社のいいところを自社に持ち帰ってきて!というところ、いったん辞めた社員でも6年以内であれば復帰オッケーなどなど。サイボウズの社員の方が何名か来られていましたが、皆さん楽しそうに働いておりました。

その後は、いよいよ八尾の起業家5名のプレゼン。

3分間で自社のアピールをするって、とても難しいですね。そして、投票タイムと交流会。

当日は雨が降っていて、足もとも悪い日でしたが、120名以上の方が八尾商工会議所に集まりました。交流の場を求めている方が多いことを実感しました。私も投票所で受付をしながら名刺交換をさせていただき、投票が終わってからもたくさんの方と名刺交換をさせていただいて、当日準備していた名刺はすべて使い果たしました。

ちいクラが終わってからは、当事務所のすぐ近くにある「ハレノヒカフェ」さんでアフター会を楽しみました。「ハレノヒカフェ」さんの店長鋳方さんもプレゼンターとして登壇されました。お疲れだったと思いますが、お店へお邪魔して、美味しいお料理をたくさんご準備いただきました。そして、その後はボードゲームカフェの「Inst」さんへ。「Inst」さんの店長泉谷さんも今回のちいクラのプレゼンターを務められていました。ゲームでも盛り上がり、最後まで楽しませていただきました。

今回の八尾のちいクラには、地域を盛り上げたいという思いから、滋賀県など他の地域からも視察に来られて、そして近畿産業局の方も多く来られていて、熱い思いを持っている方が色々な地域にたくさんいることが分かって胸が熱くなりました。

地域を盛り上げたい、地域をつなぎたい。

今、起業する人が増えています。特に女性で起業する方が増えています。

そして、スモールビジネスの方が多いです。でも、色々な起業家の方と繋がることによって、大きなビジネスになる可能性を秘めています。そんな起業家の方たちの思いを聞くことが出来て、とても刺激になりました。

今回の八尾のちいクラは満足度が80%以上だったので、第2回も開催される予定です。今回参加できなかった方でご興味のある方は、とても楽しいので第2回でぜひ参加してみてください!

 

明日9月16日は第1回八尾地域クラウド交流会!

最近、気分転換をしたくてたまらなくなり、ゆるゆるパーマをかけた大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

ここ3年ほど、髪を染めるのもパーマをかけるのも我慢してきました。髪を染めたりしていても髪の毛は傷んでない方だったのですが、髪の毛に負担をかけるのをやめようと思い、思い切ってナチュラルに戻していました。

でも、どうしても気分転換がしたくなり、どこかへ遊びに行く時間もなかったのでパーマをかけるという選択肢を選びました(笑)

 

話しはがらっと変わりますが、明日9月16日(土)は八尾の地域クラウド交流会に私も参加します。

 

つながる。広がる。うまれる。

〜起業家の応援を通じて地域活性化〜

 

大阪府”初”開催!
顔の見えるビジネスマッチングの機会と、八尾市で起業する方をクラウドシステムを使い応援する交流会型のイベントです。

【日時】2017年9月16日(土) 14:00~17:00(開場13:45)
【会場】八尾商工会議所 3階 大ホール
大阪府八尾市清水町1丁目1番6号
【会費】1,000円 ※事前お申し込み不要

【内容】
■14:00ー クラウド勉強会(勉強会のみの参加は無料)
講師:サイボウズ㈱ 社長室フェロー 野水 克也 氏

■15:00ー 地域クラウド交流会(参加費:1,000円)
・アイスブレイク「大人の本気のラジオ体操第1」
・起業家プレゼン+クラウド交流タイム+応援投票
・「応援し隊」のご紹介・PR
・応援投票結果発表、賞品授与式など

■17:00ー アフター交流会(自由開催・自由参加※会費別)
※その日出会って意気投合したメンバーと八尾の街へ繰り出しましょう!

八尾で起業されている5名の方が3分間プレゼンをします。それを聞いて、いいなと思った起業家に投票するという流れです。

私は第6投票所を担当します。

ちいクラは、サイボウズが新たな事業として開催する交流会です。全国各地で開催予定のちいクラ、大阪では八尾から始まります。

八尾の方でなくても参加できますので、少しでも興味を持たれた方はぜひ参加してみてください!

 

 

 

ビットコインの利益は雑所得に

格言の一つは「継続は力なり」の大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

ノーベル賞を受賞された山中伸弥さんのお言葉、「自分が何もわかっていないことをわかっていること。そしてそれを乗り越えるように、ずっと努力ができること。それがプロだと思っています。」

本当に素晴らしいです。どこまでも謙虚で努力をし続けている姿は、見習わなければならないところばかりです。私も税務の専門家である以上、日々勉強し、努力し続けていかなければいけないと考えさせられた次第です。やはり「継続は力なり」です。

 

さて話しは変わりますが、9月12日付の日本経済新聞で「仮想通貨の利益、雑所得に」という記事がありました。以前から、ビットコインの利益は雑所得というようなことは言われていましたが明確にはされておらず、国税庁は今年以降の対応として、ビットコインを使用することで生じた利益は所得税の課税対象となり、所得区分は原則として雑所得であるとの見解をしましました。

そして、仮想通貨についてさらに踏み込んだ見解を示しています。

上場株式や公社債などの譲渡は、譲渡損益をお互い差し引きして課税対象の所得を減らせる損益通算というものが適用できます。また、赤字が出た場合に損失を3年間繰り越して、将来の利益と相殺することも出来ます。

しかし、今回の国税庁の見解では、ビットコインなどの仮想通貨は、他の金融所得とは損益を差引きできず、通常の金融所得のような税制上のメリットを受けられないことを明らかにしました。

 

さらに、雑所得のうち、外国為替証拠金取引(FX)や金先物の利益は一律20.315%(地方税含む)の税率が適用されますが、仮想通貨の場合は所得に応じた累進税率が適用されるということで、給与所得などを合算した金額から所得控除を差し引いた金額に、所得に応じて5~45%の累進税率が適用されることが明らかになりました。

 

仮想通貨の取引の取扱いが明確にされたので、仮想通貨の取引をされている方はご注意ください。