大阪八尾の女性税理士ブログ

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士 阿部ミチルのブログ

代表税理士・社会保険労務士 阿部ミチル

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士ブログ

好きなことをしている人はキラキラしている

最近ようやく気持ちにちょっと余裕を持てるようになってきた大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

色々と初めての経験が重なって気持ちに余裕を持てずにいたのですが、それが積み重なることによってちょっと余裕を持てるようになってきました。

話しは変わりますが、弊社と関わらせていただいた「八尾あきんど起業塾」から実際に起業され、「Delicafe Tree〜デリカフェ ツリー」というカフェを経営されている方がいらっしゃいます。

八尾市の太子堂交差点、キコーナの向かいにお店を構えています。

先日お店にランチを食べに行ってきました♪

こちらは起業された岩本さんです。

元々とてもキュートな方なのですが、この日はキラキラしていて益々可愛いいなぁと思いました!そして、好きなことを仕事にできている、そんな印象を受けました♪

私が今受講している八尾の経営者塾「環山楼塾」で、スノーピークの社長から「好きなことだけを仕事にする経営」というタイトルで講演していただきました。

自分はどうなんだろう?キラキラしている岩本さん、スノーピークの社長の講演を振り返って考えてみました。

ただの仕事人間になってないか?

仕事をしている自分が好きなだけだったりしないか?

 

結論、私はこの仕事が好きです。楽しいとも思います。大学時代の会計事務所でのアルバイトで感じた楽しさは、今も変わっていないなぁと思います。好きなことだけを仕事にできているのかは、現状まだそこまではいってませんが、好きなことを仕事にしている、そう思います。

最近我が家の中学生の長男の宿題で、親の仕事についてアンケート形式でインタビューしてきなさいというものがありました。その中で「これから社会に出て働く私たちにアドバイスをお願いします」という項目がありました。

私が長男に「仕事を楽しいと感じて欲しい、楽しいと思える仕事についてください。やり甲斐のある仕事を見つけたら、きっと仕事が楽しいと感じると思います。」と答えました。

自分の経験を踏まえて。

 

私も岩本さんのようにキラキラしていられるよう、努力していこうと改めて思いました。

小学校で租税教室

租税教室の講師はとても楽しいと思っている大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

去年の夏には中学3年生向けに租税教室の講師をやらせていただきましたが、今度は小学6年生向けにやらせていただきました。中学生も楽しかったですが、小学校もとても楽しかったです♪

小学生の場合、いろんな小ネタがあります(笑)DVDとか面白いクイズとか、クライマックスは1億円の模擬紙幣。どんな反応を示すのか結構楽しみだったりします。

話しの流れは頭に叩き込んでいるので、税務署の方が準備してくださったマグネットだけ見ながら授業を進めて行きます。

難しいのは、クラスによって全然ノリが違うこと。今回は3クラス担当しました。色んな山場を設けてますが、どの部分で乗ってくるのかもクラスによって全然違います。

ノリの悪いクラスだなと思いながら進めていると、意外なところに興味を示したりするので、難しいけど面白いです。

1億円に興味津々のキラキラした瞳は、とても可愛いなぁと思います♪

そして、質問タイムは税金に関することかと思いきや、税理士ってどうやったらなれるんですか?儲かりますか?給料いくらですか?といった税理士についての質問(笑)

税理士という職業に興味を持ってくれたのなら、それはそれでよかった(*^◯^*)けど、税務署の方としては、「おい、そこじゃないやろ!?」といった感じでしょうか(笑)すいません!

還付会場相談員

最近は後から疲れがどっと出てしまう大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。自分で思っているよりも、気を張っているのかな?と思うことが続いている今日この頃です。

2月8日、9日はまつばらテラス輝で還付会場の相談員をさせていただきました。

税理士登録の時期の関係で、今年が初めての還付会場の相談員としてのお仕事でした。

還付会場は、認知度がまだ低いようで、広報などでピーアールしていても予定の人数は集まらなかったとのことです。

「去年は税務署ですごい並んでんけど、今年はこんなんやってるって知って待ち時間もなくてよかったわぁ〜」という納税者の方の声を聞きました。もっと多くの方に認知されたら、並ばずに済む方が増えるのになぁと思います。。。松原の皆様、来年は是非還付会場へ!喜んでもらえのは私もとても嬉しいです!そして、この時期、確定申告は税理士のように普段から関わっているわけではない方々にとっては、気が重いものだと思います。税額や還付額の計算が終わって帰られる時は皆さん晴れ晴れとした表情なのが印象的でした。

 

今回の経験を踏まえて、ちょっと未来について考えてみました。

これから先、自宅からでも電子申告が簡単に出来るようになったとして、どれくらい自分でやろうとする納税者の方が増えるのかな?と考えると、少なくとも還付会場へいらっしゃる方たちを拝見する限りにおいては、まだまだだろうなと感じます。

電子申告が簡単とかそういう問題なのではなく、「申告」というものにハードルがあって、そこを自分でやろうとは思わない方がとても多いように感じます。

申告の仕組みが簡単になるとか、所得が自動で把握できてしまうとか、生命保険料控除や社会保険料の支払い額なんかも一括で分かる社会になって、初めて電子申告しようかな?っていう人が出てくるのかなと。確認して送るだけならちょっとは普及の余地があるかもしれません。

 

よく記帳代行はなくなるなんて話しも耳にします。キャッシュレスを徹底して、電子マネーも駆使しながら、ほぼ自動取り込みの仕組みが出来たとして、でも、それはとりあえず自動で取り込んだだけで、イコール記帳が終わったわけではありませんが、推測機能や学習機能もこれから先どんどん性能は良くなると思われます。

自動取り込みを使ったり、このような自動取り込みを使わなくても決算までは出来る方は多いので、一般の方でも使えるような、おかしい仕訳や数字をチェックしてくれる機能が備わったソフトが開発されて、申告にもスムーズに進めるようなとびきり優秀なソフトが開発されたら、自分で申告をする方が増えてくるかもしれません。

 

ここ数年、時代の変化の速さを肌で感じています。5年後、10年後はもっと違った社会になっていそうな気がします。

初東京スカイツリー

東京は通り過ぎることが多いけど、通り過ぎるだけでも可能性を感じて東京で仕事がしたいと思ってしまう大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

そんな可能性を感じる東京出張2日目、研修終了後は浅草からの東京スカイツリー♪

ちょっと霞みがかったお天気でしたが、前日の雨雪に比べたら快晴!

歩き疲れてちょっとだけコーヒータイム。

疲れた身体に鞭を打っていざ東京スカイツリーへ!

スカイツリーのエレベーターには、弊社の表札を作っていただいた八尾の会社、アベル株式会社さんのブラックステンレスが使われています。しみじみと思う間もなく、驚くほどの速さであっという間に展望台に到着。早すぎます。

そしてやっぱりちょっと霞みがかっていて富士山は見えませんでした。。。でも綺麗。大都会。

夕暮れ時、東京タワーが見えました♪

この時間帯が一番綺麗かもしれません。

そして夜。

宇宙から見ているみたい。このまま空を飛べそう 笑

夜景を見れる時間までいる予定ではなかったのですが、価値ある時間になりました♪

東京スカイツリー観光後は、東京駅まで直行して帰阪。

東京スカイツリーを大満喫できたし、心残りなく超繁忙期の確定申告期に突入したいと思います!

初どじょう

1泊2日で東京出張に出かけていた大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

東京出張1日目は、一日研修だったのでホテル近くで飲んだだけで終わりましたが、2日目は午前中で仕事が終わったため新幹線の時間まで東京を観光しました。

まずは、20年以上ぶりに浅草へ

東京でどこ行きたい?と聞かれたら、即答で浅草と答えます。

あんな雰囲気の場所が好きです。

もっと時間があったら鎌倉に行きたかったなぁと思いつつ、今回は久しぶりに浅草へ

お昼ご飯どうしようかな?と思いながらWebで検索してたら、どじょう料理の人気店を発見

そう言えばどじょうは食べたことがないと思い、怖いもの見たさで、いざどじょう料理の人気店「駒形どぜう本店」へ。13時を回っていたにも関わらず20分待ち。お店は思ったほど外国人の方は少なくて、日本人の方が多かったです。

さてさて、こちらがどじょう鍋↓

やっぱりちょっとグロい…?

 

平たい鍋にネギをたっぷりのせてみる。

見た目はさておき、味は、全然泥臭くないし、生臭くもないし、美味しかったです!

柳川鍋もいただきました♪柳川鍋は俄然食べやすい!どちらかというと柳川鍋の方が好きかも。

ちなみにお店の雰囲気はこんな感じです。

初めてのどじょう料理を満喫していよいよ雷門へ。

途中東京スカイツリーをチラ見しながら、雷門まで向かいました。遠くから見てるからか思っていたより小さい印象でした。

雷門はちょうど節分の日だったからかすごい人でした(汗)

人混みを掻き分けながら仲見世を抜け、お参りをして、行きたかった場所であったにも関わらず、通り抜けただけで終わってしまったような気がします。。。

少し後ろ髪を引かれながらも今度はチラ見していた実は本命の東京スカイツリーへ向かいました。

スカイツリー編は、次回のブログに譲りたいと思います。