大阪八尾の女性税理士ブログ

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士 阿部ミチルのブログ

代表税理士・社会保険労務士 阿部ミチル

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士ブログ

納税表彰式・税の作文表彰式に出席しました。

作文は大の苦手だった大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

昔から作文とか感想文は苦手でした。夏休みの宿題で感想文は一番最後に残してしまうタイプです。

割とこのタイプは多いかとは思いますが、我が子もそれを受け継いでしまっております。

中学3年生になると全部の学校ではないかもしれませんが、夏休みの宿題で「税についての作文」が出されます。

その税の作文を書くにあたっての事前講義ということもあって、租税教室で中学校に税理士などが行かせていただいてます。

 

私も今年の夏に中学校へ行かせていただきました。

租税教室の講義で「プリズムホールの表彰式で会えるのを楽しみにしてますね!」と言って締めくくったので、私が講師で行った中学校の生徒が受賞しているかな?と思いながら、初めて税についての作文表彰式に出席しました。

式次第をみると私が講師で行った中学校の生徒も何人か表彰式に来ていて、私のことは覚えてないかもしれないけど会えてよかったです^ – ^

それにしても立派な作文を書いていて、感心させられました。租税教室を通じて少しでも税への理解が進めばいいなと思います。

 

開業3周年を迎えました。

年々、月日が経つのが早く感じる大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

 

私が税理士事務所を開業したのは2016年11月21日です。もうあれから3年が経ちました。もう3年も経った?という気持ちとまだ3年かという気持ちが混在しています。

11月21日は私にとってはとても特別な日です。やっとの思いでスタートラインに立った日。税理士登録ができた日です。

 

ただ毎年バタバタしていて、これといったお祝い事はずっとしていないのですが、私が開業してから11月21日に忘れずにお祝いを送ってくれる方がいらっしゃって、そういえば今日??って思い出すという年も。。。

毎年覚えてくださって本当に有り難いです。

 

バタバタな毎日を送っておりますが、本当にたくさんの方々に支えられて3年を迎えることができました。

ありがとうございます!

 

まだまだやりたい事、やらなければいけない事が山積しておりますが、少しでもお客様の良きパートナーとなれるよう精進して参りたいと思います。

 

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

中学生向け職業体験講話

中学生の頃は何になりたいとか将来の夢はこれっぽっちも決まっていなかった大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

 

先日八尾市内の中学校から職業体験のご依頼をいただき参加させていただきました。

今までの職業体験は、中学生が会社などに足を運んで職業体験をしてくるという流れでやっていたのを、今年は中学校に会社の人から来てもらって、生徒は校内で職業体験をするという試みでした。

 

今まではおそらく1社だけしか体験できなかったと思うのですが、校内で行われるということで2コマ使って2つの職業を体験できるというものでした。

 

私は今回「社会保険労務士」として参加しました。

中学生なので、なるべく参加型で対話形式を心がけ、恥ずかしがり屋の子もいれば、目立ちたい子もいるし、いろんな子がいるので、みんなに満遍なく話しかけながら進めていきました。

 

中学生はまだまだ可愛いですね

 

実体験してもらったのは給与計算です。割増賃金の計算もしてもらいました。アルバイトの人の給与計算をしてもらったので、少しは身近に感じてくれたかなと思います。

 

士業は他にも税理士事務所がありました。士業以外にもいろんな業種の会社があったので、正直社労士事務所に中学生が興味を持つのかな??と思っていましたが、先生がなかなか話しを聞く機会がないからとお勧めしくれたこともあり意外と集まってくれました。

 

「働き方改革って聞いたことある?」と聞いてみたら100%手が上がりました。本当かどうか分かりませんが社労士になりたいと思っている子も一人いて、社労士も昔よりグッと認知度が上がってることを実感しました!

 

私が中学生の頃は職業体験なんてありませんでした。もしあったら将来について中学生の頃にもう少し考えたのかもしれませんね。

 

少しでも来てくれた子どもたちが自分の職業を選択するときの参考になってくれたらいいなと思います

軽減税率導入で現場は混乱??

消費税率が3%から5%に上がるときに、仕事が激務になったのを今でも鮮明に覚えている大阪・八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

消費税率が3%から5%に上がったのは1997年4月からでした。私は1997年3月31日は沖縄に旅行中で、旅行中の沖縄では税率が明日から上がる!という雰囲気は全く感じられませんでした。いたって普通の日常が流れていて、逆に印象に残っています。

今回、2019年10月からの消費税率増税、そして軽減税率の導入で消費税率が10%と8%が混在することもあり、お客様に届く請求書が8%のはずが10%で届いてたり、逆に10%のはずなのに8%で届いていたり、小規模の会社で特に混乱があるように感じています。

そして、分かりやすい請求書もあれば分かりにくい請求書もあり、様々です。

10%に増税して初めての個人の確定申告期がどうなるのか?今年は例年に増して、税務署や確定申告相談会の会場は納税者の方々で溢れているのかなと思います。

請求書もそうですが、例えば会社の経費としてお茶菓子や飲み物(アルコールを除く)を買ったら軽減税率8%になるので、他の10%の物と一緒に買ったら一つの領収書に10%と8%が混在することになります。

経理の方の事務負担も増えているかと思います。慣れるまでしばらく時間がかかりそうですね。

 

はじめて青森市に行ってきました♪

青森と言えば恐山と十和田湖を思い出す大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

青森は学生の頃に行ったことがあります。恐山に向かう途中で食べた海鮮丼が美味しすぎて今でも覚えています。そして、恐山のインパクトは凄すぎて忘れられません。不気味な湖の色、カラスもいっぱい。こんな山の上なのに。。。

そのあとに行った十和田湖は紅葉がこれから始まるという時期で、ここから紅葉が静かに始まっていくんだなと感じた紅葉の出発点と思えるようなところを通りかかって見惚れたのを覚えています。

すごく綺麗でした。

恐山、十和田湖に行ったのは学生の頃でした。そして、先日久しぶりに青森に行く機会がありました。

初めての青森市。

目的は長女が出場する全日本吹奏楽コンクールを聴くこと。全国レベルは本当に素晴らしい演奏ばかりです。聴き惚れます。

今回は父母も山形から駆けつけてくれました。父母は長女の演奏を聴くのも初めてです。

父母は孫に会えて演奏も聴けて、おまけに観光もできて、すごく満足しておりました。よかったよかった^^

そして、初めて訪れた青森市でねぶたの展示をみてものすごく感銘を受けました!いつか本物のねぶたを見に行くぞ!と本気で思いました!展示をみてるだけで迫力を感じるし、ねぶたへの熱量を感じました。

迫力があるだけでなく、ものすごく繊細なんです!細かいところまでこだわって作られているのが分かります。芸術です。

写真のねぶたを見れるのは「ねぶたの家ワ・ラッセ」です。

http://www.nebuta.jp/warasse/

ねぶた祭りに行くのはなかなか難しいという方は、「ねぶたの家ワ・ラッセ」だけでもとても満足できるのでぜひ行ってみて、実物のねぶたを見てみてください。