大阪八尾の女性税理士ブログ

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士 阿部ミチルのブログ

代表税理士・社会保険労務士 阿部ミチル

大阪八尾の女性税理士・社会保険労務士ブログ

天神祭!

  1. テンションが上がらない今の自分にはBOOWYの音楽が一番の大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

自分でもよくわかりませんが低空飛行気味です。

そんな調子のわたしですが、お友達の家に「花火見えるからおいでー!」と誘ってもらいました♪

何年かぶりの花火!花火が好きだから夏が好き!と言っても過言ではなかった若い頃(笑)

ちょっと遠くからですが、綺麗に見えました♪

久しぶりに夏を楽しんだ感じがします。大阪に来てからはほぼ毎年、税理士試験や社労士試験の直前期のため、浴衣姿の人たちをよそ目にみながら自習室から帰宅していたので、やっと見れた!という思いです。

帰りは終電に間に合わず、ちょっとだけタクシーを使ったのですが、タクシーの運転手さんとの会話の中で、「長岡の花火が一番きれいやで~」というお話しをされたので、「新潟ご出身ですか?」と聞いてみると、佐渡島ご出身の運転手さんでした。新潟と山形は目と鼻の先なので、地元情報で盛り上がり、テンションが上がって帰宅(笑)

長岡の花火、見てみたいです。

今まで見たことのある花火

酒田(山形)

赤川(山形)

山形市(山形)

大曲 (秋田)

洞爺湖(北海道)

熱海(静岡)

そして、今回の天神祭の花火

もっとあったかな?あんまり無いなあという気がしています。多分忘れているのもあります。

ちなみに、大曲の花火大会は花火師さんたちの大会なので、それぞれの花火師さんの作品の発表となっています。夜の花火だけでなく、昼の花火もあります。明るくても綺麗に見えます。この花火大会に行って、花火師さんになろうかな?なりたいなと思ったことがあります(笑)

洞爺湖の花火は冬の花火でした。澄んだ冬の空気にくっくりと浮かび上がる花火はとても綺麗です。

熱海の花火は、海上から打ち上げられます。熱海は坂道が多いので、どこからでも見えた気がします。山の上から見たこともあったかも。

ちょっとした夏の思い出でした(笑)

第2回就業規則勉強会

「今年こそ花火を見たい!」、そう思っている大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

昨日から天神祭ということを当日知りました。。。実は天神祭りに行ったことがありません。天神祭の花火は音しか聞いたことがありません。心臓に響いてくるほどの花火の音を久しぶりに感じたい!そう思っているのですが・・・

さて、そんな天神祭の最中、社労士会大阪東支部の就業規則の第2回勉強会がありました。

第2回は、第1回のときに、ある労働問題の事例についてグループで話し合った解決策が、弁護士の先生からみて法的に問題がないかをお話しいただきました。労働問題を専門にされている弁護士の先生で、若手の先生ですが、実務経験は10年程あり、とても知識豊富な先生です。平和に過ごしていると、「そんなことあるん?」というような内容の労働問題ですが、弁護士の先生曰く普通にあるそうです。今回の事例は精神疾患やいじめの問題です。

弁護士の先生から、なるほど!目から鱗!というお話しをたくさんしていただきました!社労士の先生方からも、組合交渉のお話しなど、貴重なお話しをたくさん聞くことができました。実務をされている先生方のお話しはとても貴重です。

就業規則は本当に奥が深くて、色々な選択肢があります。多分、ものすごく勉強しても完成型なんてないんだと思います。その会社のニーズや考え方によるものだと。ヒアリングしながら、その会社に合った就業規則を作り上げていくのが本来の理想なので、作成には時間もかかります。

今回の就業規則勉強会は懇親会もあり、弁護士の先生のお隣の席を賜り、とても有意義な時間を過ごすことができました。

そして、社労士会の勉強会でしたが、税理士だからということでご質問いただいたり、飲みの席で気軽に聞いていただけるのも有難いことだと思います。

懇親会では久しぶりに焼き肉を食べました。でも、「先生、よう飲みはりますね!いいですねー!」と言われたとおりでほぼ食べずに飲む専門と言った感じでしたが(苦笑)

飲んでも顔に出ないので「お酒が強い!」と思われがちですが、一応酔ってます!(笑)

内勤のパートスタッフを募集しています!

子供の小さい頃の写真をみると顔がゆるんでしまう大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

部屋に飾っている3人の子供の写真は、見るたびに顔がゆるみます。完全に親バカですが、大きくなってもかわいいです。写真は、長女と次女(笑)

今でも子育て中のわたしですが、このたび、内勤のパートスタッフとして、わたしたちと一緒に働いていただける方を2名募集しています。

「人材」のことを「人財」と書くことがあります。わたしたちの事務所では、一緒に働いていただく方は「人財」であると思っています。少人数でやっている当事務所にとっては、本当にかけがえのない存在になってきます。

 

大阪総合労務会計事務所では、経営理念として次の3つを掲げています。

 

1.親切な対応を心掛け、お客様にとって良きパートナーとなることを目指します。

2.お客様の事業の発展と地域の発展に貢献します。

3.従業員やその家族の幸せを実現できるよう努めます。

 

お客様ももちろん大切な存在です。でも、従業員の方もとても大切な存在です。

 

従業員を雇うということは、その家族のことも考えなければいけないと思っています。特に、今回募集する内勤のパートスタッフとなると主婦の方がいらっしゃってくれることになるかもしれません。お子様が小さければ、もちろん子育てに影響が出ないようにしなければいけないと思っています。

わたし自身も、働きながら3人の子供を育ててきました。わたしの実家も主人の実家も近くではないので、何かあったときに預ける先もない状況での働きながらの子育てはとても大変でした。病児保育をやっている施設に預けたことも何度かあります。

でも、病気の子供を預けるというのは、とても罪悪感を感じていました。かわいそうなことをしてしまったという気持ちは、今でも変わりません。

そんな経験もあるので、お子様が病気になったら休んでいただいて、そばにいてあげて欲しいのです。そういう時にそばにいてほしいのは、やっぱり親だと思うのです。

子供が小さいうちは、授業参観などの行事も多いと思います。そんなときも、休んでいただいて、見に行ってあげて欲しいと思います。

子供はあっという間に大きくなります。子供は、親が見に来てくれたことは、ずっと覚えています。

子育てしている方にとっても、働きやすい職場を目指していますので、是非わたしたちと一緒に働きませんか?

ご興味のある方は、下記のページに詳しい採用情報が掲載されていますのでご覧になってみてください。

スタッフ求人募集中

八尾あきんど起業塾2017発展編

実家に帰る時間が取れるのか微妙な状況にある大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

税理士事務所では、この時期はそんなに忙しくない時期なのですが、色々なことが重なって少しばたついている状態です。忙しいのはとても有難いことです。

話しは変わりますが、八尾市では、今年も「八尾あきんど起業塾」の受講生を募集しています。

「八尾あきんど起業塾」は、計画的な開業準備をサポートする個別面談と、八尾市内での開業トレンドや先輩創業者との座談会等を盛り込んだ講義を組み合わせて、開業までのあと一歩踏み出せない人をサポートしている起業塾です。今年度の内容は、基礎知識はあるものの開業を実現するまでに課題がある方、不安なことがある方に専門家が継続的に個別面談(最大16回)を行って、課題解決を目指すという内容になっています。

昨年から、わたしも関わらせていただいてました。今年は第2回の平成29年10月15日(日)に当事務所から、わたしと佐藤が講師を担当させていただきます。

当事務所で担当する講座の内容は、「現在の八尾の開業トレンド」についてです。税務とは離れた内容になっていますが、ブログ「八尾のいいところ伝えたい!」を2012年9月から運営してきた知識と税理士事務所の観点から開業のお勧めエリアや立地のポイントについてお話しさせてただきます。

 

ブログ「八尾のいいところ伝えたい!」でもご案内しておりますので、ご興味のある方はこちらもご覧になってみてください。

http://ameblo.jp/yao-ii/entry-12295097019.html

 

また、八尾市のホームページにも詳しく掲載されています。申込用紙などのダウンロードも可能です。

http://www.city.yao.osaka.jp/0000038424.html

 

「八尾あきんど起業塾2017」は、発展編のほかに、実践編もあります。実践編は、八尾市内の商業集積地区で新たに店舗を始める方を対象としており、店舗経営の全般的な知識やノウハウ、店舗設計などについて、直接お店に専門家を派遣し、開業前から開業直後までを強力サポートするという内容になっています。

詳しくは、八尾市のホームページをご覧ください。

http://www.city.yao.osaka.jp/0000038423.html

目標を持つということ

もうすぐ税理士試験で人ごととはとても思えないでいる大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

いよいよ、平成29年8月8日(火)から3日間、税理士試験が始まります。暑い夏の日の本試験。

税理士試験直前期、本試験まであと◯日というカウントダウンが始まる時期。限られた時間でできること、これだけはやらなければということ、あるいは重要度の観点から捨ててしまうところ、もうすでに絞り込まれている方が多いと思います。

この時期のわたしは、繰り返すことに耐える日々だったように思います。覚えては忘れてしまう理論暗記。「こんなん丸覚えしても実務ではどうなん?」と思う気持ちをグッと堪えていた時期。そして、同じ理論を何回もまわす。

最後はもう諦めないことに尽きると思います。諦めてしまったらそこで終わってしまいます。諦めずに「やめ!」の合図までペンを離さない。そうすれば合格への道は開けます。わたしが税理士になれたのは、「諦めなかった」、それだけだったと言っても過言ではないように思います。

税理士受験生の皆さん、月並みな言葉になりますが、本試験まであと少し、悔いの残らないように頑張って下さい‼︎

本試験が終わったら、思いっきり我慢していたことをやる。税理士受験生には、終わったらこれをやろう、あれをやろうといったことがおそらくたくさんあると思います。わたしも心の中で「やったーーー!やっと終わったーーー‼︎◯◯がやっとやれる!」と何度叫んだことか(笑)

話しは変わりますが、先日、新規でお問い合わせいただいたお客様との打ち合わせがありました。

とある目標を掲げてらっしゃる方で、とてもキラキラした瞳をされていました。その姿を拝見して、目標を持つというのは大事だな!と改めて思いました。

目標を持つなんて当たり前のことなのかもしれませんが、明確な目標は持っていなかったかもしれないと思い、反省しました。

時間に流されないためにも、自分の目標を改めて考えたいと思います。