赤穂浪士討ち入りの日

昨日父から「50歳おめでとう!」と冗談交じり、かつ、一日早く誕生日を祝ってもらった大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日。そんな赤穂浪士討ち入りの日が私の誕生日です。今日で46歳になりました。もう直ぐ半世紀を生きたことになるなんて信じられないですね。両親も元気でいてくれてるのでまだまだ子どもな感じがしてしまいます。

開業してから誕生日をゆっくり過ごすこともなくなりました。至って普通に忙しい誕生日です。これから慌ただしく忘年会に向かいます。

この時期は私は忙しいのを分かっている友だちが1ヶ月早く誕生日会を開いてくれてました(≧∀≦)

大好きな小西屋さんで!イタリアンの超おススメのお店です。最寄り駅は西大橋です。

何歳になっても祝ってもらうのは嬉しいですね♪

素敵に健康に歳を重ねていきたいと思います。

図解租税法ノートをご恵贈賜りました。

最近本の山に埋もれつつある大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

阪奈税協で毎年無償で1万5千円分の図書の配布があります。書籍リストの中から自分で欲しい本を選ぶのですが、1万5千円超えたら差額を支払うというシステムです。書籍リストはかなりディスカウントされていて、本屋さんでは販売していない本もあります。

今年は10冊ほど購入して差額を支払いました。

じゃんじゃん各出版社から届いてあれよあれよという間に山積みに。

そんな中、八ツ尾順一先生から「図解租税法ノート11訂版」が届きました♪

税法のことが図解で分かりやすく、そして幅広く書かれているので、一冊あると鬼に金棒の書籍です。

大学のテキストとしても使われていることが多いと思います。

大切にボロボロになるくらい読ませていただきますm(__)m

そして、来年1月25日出版記念ライブもやるそうです♪「音楽でわかる税金のすべて」、さすがです。

師走で気持ちも忙しない感じですが、こちらのライブを楽しみに、年内で終わらせることはきちんと終わらせて年越しを迎えられるよう頑張りたいと思います!

 

労働生産性について

買い物は土日集中型の大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

平日は夜帰りが遅いので、どうしてもという時にしか行かないというか行けません。なので、必然的に土日などの休みの日に買い物を大量にします。

そんな休みの日に近くのスーパーに買い物に行きました。

そこそこ関西では有名なスーパーです。近所に出来てから5年くらいたったかな?というくらいの割と出来てからそんなに経っていないスーパーです。

そこでは普段は壁沿いのコーナーとパンコーナーくらいしかほとんど利用していませんでした。

その日は味噌が欲しくて、いつもはほとんど利用していない通路の売り場をウロウロ。でもどうしても探せなくて店員さんに聞きました。

味噌は醤油とかその辺の調味料系の場所と一緒かと思いきや、冷蔵コーナーにあって、「◯番の通路です。」と即答されました。多分よく聞かれるのだとおもいます。

味噌=冷蔵コーナーという概念が全くなかったので、そりゃ探しても探しても見つからないと思いながらも、そのスーパーで買い物していて商品を探せなくて店員さんに聞いてる人がすごく多いことにビックリしました。私が滞在してたのは精々15分くらいだったのですが、その間に店員さんに聞いてる人が私以外に3人。

このお店は、生産性が悪いだろうなと。

人手不足と言われるなかで、分かりやすい陳列に変えることも労働生産性を上げれることの一つの方法です。店員さんもいつも品出ししてるわけではないので、買い物する側からしても分かりやすい陳列の方が助かります。

近所で便利に使わせてもらっているスーパーなので、頑張ってほしいなと思います。

そのスーパーでむかごを発見して素揚げにしました。「これ何?」という子供達の反応がおもしろかったです^ – ^

行政との関わり方って??

今年の7月から八尾市産業振興会議の市民委員をさせてもらっている大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

先日、「憲章・政策活動っていったいナンだろう?」という題目で、実際に行政に関わっている方や行政側の方のお話を聞いて「地域が良くなれば自社がどう良くなる?国民や地域とともに歩む中小企業とは」についてグループ討論で話し合う会に参加させていただきました。そこで東大阪市の産業振興会議の委員をしている方とお話しする機会がありました。

しかも、女性の税理士の方だったので立場的にも一緒でした。

その方の話を聞いて、各市町村で産業振興会議は行われていると思うのですが、それぞれで全然違うというのを実感しました。

八尾の産業振興会議は、基本ワークショップ形式で多種多様な業種の委員が和気あいあいと話をして課題を浮き彫りにして行ったり、仮定する未来で自分の事業はどうなっていくか考えてみたり。

みんなの発言を絵に描いて表現してくれる人がいて、とても画期的な会議です。

とにかく会議っぽくはなくて、行政側が一方的に決めたことを話し合う場ではありません。八尾市の行政側は知らないことが多いから周りの企業側に教えてもらうというスタンスです。

行政は基本的には縦割りで動きずらいことが多いのが普通かもしれません。動きずらい中で行政主導で決まっていくことと、動きずらい中でも行政主導ではなくあくまでも市民委員の意見主導で決まっていくのでは、時が経てば経つほど違いが出てきますね。

この日は他市との違いが分かって、そして私たちがどのように行政と関わりあっていくべきなのかを話し合う貴重な会に参加させていただいてとても有意義でした。受け身ではいけませんね。お誘いいただいて本当に良かったです。

『ファントム』を観てきました!

生まれて初めて宝塚へ行ったのは、恐らく約20年前の大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

宝塚へは一番上の子どもがまだ赤ちゃんのときに今はなき宝塚ファミリーランドへ行ったような気がします。あまり記憶には残っていないのですが・・・

そんな宝塚へ近畿税理士会八尾支部の観劇の行事で『ファントム』を観るために行ってきました。昔の記憶はあまり残っていませんが、宝塚大劇場までの道のりがまるでアミューズメントパークのようになっていてビックリしました。すごくおしゃれな雰囲気です。

そして、『ファントム』の人気にもビックリしました。私はできる限り支部の行事には参加しようと思っているので、何気なく参加しただけだったのですが、チケットはファンクラブに入っていてもなかなか手に入らないんだそうです。そして、当日券を求める大行列ができていました。多分当日券は立見席なんだと思います。後ろの空いている床にシートを敷いている方々がたくさんいらっしゃいました。

私は宝塚を観たのがこの『ファントム』が初めてだったのですが、プロの演技には本当に感動しました。一つも妥協が無くて、本当に素晴らしい歌声に踊りに演技でした。舞台の演出もすごかったです。観に行ってよかったです。

宝塚にはまっている方たちの気持ちもわかるような気がします。

そして、プロは妥協を許さないってことなんだなあと、改めて自分の仕事にも置き換えて考えさせられました。宝塚は本当のプロ集団ですね。

今度来るときは子どもを連れて観に来たいと思います。

京都で紅葉狩り

紅葉狩りに今年久々に行ってきた大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

11月3日、どうしても京都に行かないといけない用事があって京都に行ってきました。京都と言えばこの時期紅葉。ちょっと迷いましたがせっかく京都まで来たので紅葉狩りをしてから帰ることにしました。用事が終わった頃には日も沈んで真っ暗だったのでライトアップしているスポットを調べて、ちょうど居た場所から近かった「高台寺」に行くことにしました。

しかも「高台寺」は京都でも人気のスポット!

この時期の京都ということで、人で溢れかえっているのかな?と思っていましたが、高台寺のライトアップの受付もそんなに並ぶこともなくすんなりと中に入ることができました。

インターネットでササっと調べただけだったので、どうして人気が高いのかはよくわからずに行ったのですが、中の庭園に辿り着いて人気の訳が分かりました。

まるで鏡のような池に映る紅葉。うわ~と思わず見とれてしまう光景でした。

紅葉を見るというより池に移る紅葉に見とれる感じです。

写真ではうまく伝えきれなくて残念です。

本当に言葉が出なくなるくらいの美しさでした。

 

11月3日の高台寺は思っていたより人が少なめだったのは、文化の日で祝日ではありましたが、ちょうど土曜日と重なっていたので普段の土日と同じ感覚の方も多かったというのと紅葉にはちょっと早めの季節だったからでしょうか。

9月、10月と3連休も多く、店舗を構えている方はお店を開けていた方も多かったと思います。前半の3連休は忙しかったけど後半の3連休は暇だったとか3連休の人の動きがなかなか読みずらかったというお話を耳にしました。

来年はゴールデンウィークが10連休ということですが、果たしてどんな人の動きになるでしょうか?海外旅行へ行く方も増えるのかもしれませんね。

働き方改革の経済への影響

働き方改革は経済効果が真逆に進むと思っている大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

平成30年11月24日の日本経済新聞に気になる記事が載っていました。

「早まる帰宅、夕方に商機〜地下鉄利用9時以降減、ジムやバーに客足」の記事。

「通勤者の帰宅時間が早まっている。東京地下鉄(東京メトロ)の2017年度における午後9時以降の利用者が前年度比で初めて減少に転じた。午後5~8時は増加が続いている。企業などの働き方改革が影響しているとみられる。一部の外食店などでは夕方の利用者が増え始めており、新たな消費形態として広がる可能性がある。」(平成30年11月24日日本経済新聞朝刊より)

人の動く時間帯が変わっている、それが働き方改革が影響していると。地下鉄の利用が午後5時台から8時台が増加傾向になっていて、夜遅い時間帯は減少しているそうです。

働き方改革の影響で残業が減り、今までより仕事の終わる時間が早まっているのだとか。記事は東京メトロの話として載っていますが、大阪でも影響は出ていると思います。

早帰りの影響で、飲み屋さんへの来店時間が早まったり、マッサージ店の来客も午後5時台の来客が増えているそうです。そういう影響はその他の業種でもみられるかと思います。

フィットネスジムは24時間営業のジムが増えています。これも早帰りの影響を受けているんだなあというのはちょっと衝撃です。私のまわりでも飲み会が終わってからジムに行くという人も実際にいます。確かに毎日残業では平日にジムなんて通えないですよね。

私が筋トレに通っているジムも24時間営業ですが、平日の夜でも結構多くの人が通ってきています。男女問わずです。

働き方改革、早帰り、これからの来客型の業種は意識して戦略を考えていく時代になりそうですね。

いつでもどこでもスマホで確定申告!?

寒さには滅法弱い大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

寒くなってきましたね。。。そろそろコタツを出そうかなと思っています。

さて、寒くなってくると職業柄、年末調整や確定申告の季節だなぁと感じます。

毎年多くの方々が税務署や特設会場に並んで確定申告を済ませているかと思います。そして、並ぶのが毎年苦痛に思っている方もいらっしゃるかと思います。

確定申告は書面での提出以外にパソコンから電子申告で送信ことができます。

電子申告にはマイナンバーカード(電子証明書)とICカードリーダライタが必要ですが、マイナンバーカードが普及するまでの暫定的な措置として平成31年1月からマイナンバーカードがなくてもID・パスワード方式というものでパソコン・スマホでも申告ができるようになります。

ID・パスワードを取得するには税務署での本人確認が必要です。税務署での本人確認で取得する以外にもマイナンバーカードとICカードリーダライタをお持ちの方はご自宅のパソコンから利用開始届を送信して取得することもできます。

ID・パスワードがあればマイナンバーカードとICカードリーダライタがなくても電子申告ができるわけです。

八尾税務署にこのようなコーナーが設けられていました。↓

税務署は住所地の税務署でなくても勤務先の近くの税務署などでもID・パスワードを取得することは可能です。

また、八尾ではリノアスやアリオ八尾でも税務署がID・パスワード発行を日を設けてするようです。

給与所得者(年末調整済み)で、医療費控除又はふるさと納税などの寄付金控除を適用して申告する方は、スマホ専用画面を利用できます。e-taxでの送信は、源泉徴収票・控除証明書などの添付書類も不要です。申告書の控えは、PDF形式でスマホに保存もできます。

ID・パスワード方式はマイナンバーカードやICカードリーダライタが無くてもe-taxで電子申告はできるのですが、平成31年1月以降、e-taxホームページから確認できるメッセージボックスに保管されている受信通知(e-taxでの申告履歴)や税務署からのお知らせなどを確認するには、マイナンバーカードが必要となっています。

 

マイナンバーカードの普及するまでの暫定的な措置は、約3年を目処にしているのだとか。

さてさて、マイナンバーカード、どこまで普及が進むでしょう。。。?

津のうなぎが美味しかった件

大阪で鰻屋さんに行くとしたらどこに行く?と聞かれたら「魚伊」と答えるであろう大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

鰻屋さんなんて滅多に行かないので、大阪の美味しい鰻屋さん情報はほとんど知らないのですが。。。

そんな感じでたまに食べたいなぁと思うけど、ほぼ行かない私ですが、先日名古屋での研修の帰りに「津って安くて美味しい鰻屋さんが多いらしいよ」という情報を得て途中下車して行ってきました。

津=鰻というイメージのかけらも持ち合わせていなかったので、「なんで津で鰻なの??」と只々疑問に思い調べてみました。

ルーツは色々あるようですが、江戸時代に藤堂藩が藩士の滋養強壮と士気向上のために鰻食を奨励し、各地から鰻屋さんを城下に集めたことにあるようです。(「旅ぐるたび」より)

大阪からそんなに遠くない津市で美味しい鰻が安く食べれるなんて嬉しいです^ – ^

さて、ネットで色々調べて「はし家」さんへ行くことにしました。

普通に夕飯を食べに来てる感じの家族がほとんどでした。

ご飯が全く見えないほどたっぷりの鰻!

こちらは珍しいからし和え。初めての味。鰻ときゅうり。そしてからしで和える。癖になりそうな味です。美味しいです。今度来た時も頼むと思います。

さてさて、鰻丼はと言いますと外はサクッとしていて中はふんわりの鰻♪美味しいのにリーズナブル。

こんなに美味しくてボリュームたっぷりなのにお手頃な値段で、津市の方々の鰻の消費量が多い理由が分かりました!

津市へ行く機会があったら是非鰻を食べてみてください^ – ^

開業から今日で丸2年が経ちました。

年を重ねるごとに月日の流れを早く感じる大阪八尾の税理士・社会保険労務士・行政書士の阿部ミチルです。

本当に1年ってあっという間ですね・・・

税理士として開業したのが平成28年11月21日なので、開業して今日で丸2年が経ちました。

もう2年という気持ちと、まだ2年という気持ちと入り混じっています。

この2年でたくさんの方と出会い、たくさんの方とお話しさせていただいて、いろんなチャンスもいただきました。お陰様で忙しくさせてもらっています。出会ったすべての方に感謝申し上げます。

まだまだこれからで、試行錯誤しながらの日々が続いておりますが、温かく見守っていただけたら幸いです。

 

私の座右の銘の一つに「ピンチはチャンス」があります。

20代のころからピンチと感じたときはそれをチャンスと捉えるようにしてきました。そう考えることで、ピンチを乗り切って成長することができたと実感しています。いわゆるプラス発想ですね。

20代のころに勤めていた会計事務所の朝礼で毎日「プラス発想を身につけよう!」というのをやっていました。朝礼当番の人がマイナスの言葉を言って、当番以外の人は朝礼当番が言ったマイナスの言葉と真逆のプラスの言葉を言うというものでした。当時は言われるがままに仕方なしにやっていたところもありましたが、毎日プラスの言葉を言うことで自然とプラス発想が身についたように思います。

「私はできない」→「私はできる」のような感じのやり取りをします。

 

この20代の頃に身につけたを「プラス発想」をばねにこれからも努力して行く所存でおります。

 

明日で3年目に突入する大阪総合労務会計事務所を今後ともよろしくお願い申し上げます。

税理士 阿部ミチル