租税教室やらせていただきました。

税理士の認知度がまだまだ低いことを実感した大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

今日は、税理士になったらやってみたい!と思っていた租税教室の講師のお仕事をさせていただきました。

八尾市内の中学校で50分の授業3コマを受けさせていただいたのですが、思っていた以上に中学生可愛かったです!

ちょうど難しい時期の子たちではありますが、まだまだ純粋というか、素直というか。

そんな子ども達に「税理士って聞いたことある?」と質問してみると、ほとんど手が上がらなくて、子ども達にとっての認知度は低いんだなと実感しました。

授業では、なるべく皆んなが参加してもらえるように工夫したつもりですが、至らないところも多々あったと思います。アンケートの結果はまだ出ていませんが、少しでも税金について理解してくれてたらなあと思います。

エアコンのない教室での授業で、体力はだいぶ消耗しましたが、来年もまたやりたい!というのが終わってみての感想です。

このお仕事のお話しはたまたまいただいたのですが、とても勉強になりました。このお話しをくださった先生、事前に授業の見学を快く受けてくださった先生、中学校でサポートしてくださった先生方、税務職員の方、そしてわたしの授業を聞いてくれた子ども達、本当にありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加