建設業の許可についての研修会へ

今秋、枚方市駅に初めて降り立った大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

枚方市駅前、栄えていますね!枚方市役所も駅近で、暮らしやすい街だなと思いました。活気も感じられます。そして、行きたいと思っていた時期があった蔦屋書店に後ろ髪を引かれながらも、行政書士会枚方支部主催の「建設業許可」の研修会場である枚方市市民会館へ。

行政書士の仕事はとても幅が広いです。広すぎるので、あれもこれもやろうと思うのは無理で、みなさんある程度分野を絞ってお仕事をされています。

私は法人様をメインに仕事をしているので、設立関係のお仕事や建設業の許可のお仕事はして行きたいと思っています。4回にわたって行われる研修会に参加することで、知識の再確認もしたいと思っています。

建設業の許可は経験を要件とするため、それをどうやって証明するかがとても難しいです。10年の経験が必要な場合もあり、そんなに前の資料が残っていないという場合も大いに考えられます。今後、許可を取ろうと少しでもお考えの方は、きちんと確定申告をするのはもちろんですが確定申告書、請負契約書、請求書など必ず捨てずに取っておくようにしてください。

許可要件に関わる職務を担う人として、経営業務の管理責任者と専任技術者がいます。経営業務の管理責任者は、取ろうとしている許可に関わる経営をしていたいという経験の証明が必要となります。これについて公的な資格はありません。専任技術者は、国家資格があればそれでいいのですが、なければ10年間等の実務経験が必要でそれを証明する必要があります。

また、業種もとても多いので取りたいと思っている許可があってもなくても、今後のことを考えて「一式」といった請求書などではなく、きちんと明細を書くようにした方が後あと生きてきます。

講師をしてくださっている実務経験の長い先生のお話は、とても参考になります。今後は資産要件や経審や改正点についての研修内容になっているので、こちらも楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加