小学校で租税教室

租税教室の講師はとても楽しいと思っている大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

去年の夏には中学3年生向けに租税教室の講師をやらせていただきましたが、今度は小学6年生向けにやらせていただきました。中学生も楽しかったですが、小学校もとても楽しかったです♪

小学生の場合、いろんな小ネタがあります(笑)DVDとか面白いクイズとか、クライマックスは1億円の模擬紙幣。どんな反応を示すのか結構楽しみだったりします。

話しの流れは頭に叩き込んでいるので、税務署の方が準備してくださったマグネットだけ見ながら授業を進めて行きます。

難しいのは、クラスによって全然ノリが違うこと。今回は3クラス担当しました。色んな山場を設けてますが、どの部分で乗ってくるのかもクラスによって全然違います。

ノリの悪いクラスだなと思いながら進めていると、意外なところに興味を示したりするので、難しいけど面白いです。

1億円に興味津々のキラキラした瞳は、とても可愛いなぁと思います♪

そして、質問タイムは税金に関することかと思いきや、税理士ってどうやったらなれるんですか?儲かりますか?給料いくらですか?といった税理士についての質問(笑)

税理士という職業に興味を持ってくれたのなら、それはそれでよかった(*^◯^*)けど、税務署の方としては、「おい、そこじゃないやろ!?」といった感じでしょうか(笑)すいません!

このエントリーをはてなブックマークに追加