清文社主催:八ツ尾順一先生×笹岡宏保先生のトークショー

久しぶりにカラオケに行きたいと思っている大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

カラオケ、3年前くらいはよく行ってましたが、今は皆無に等しいです。

そして、1か月くらい前の出来事になりますが、清文社主催の八ツ尾順一先生と笹岡宏保先生のトークショーへ行ってきました。トークショーの後は、八ツ尾先生のライブがあって、久しぶりに八ツ尾先生の歌声を聴いてカラオケに行きたくなったというわけです(笑)

八ツ尾先生には大学院時代によくカラオケに連れて行ってもらってました。そこで繰り広げられるカラオケバトルはとてもいい思い出です。八ツ尾先生の美声にはなかなか敵わないのですが、一度だけ勝ったことがあるような気がします、多分。気のせいだったらごめんなさい(笑)

八ツ尾先生は自分で作詞をしてCDも販売している異色の教授でもあり税理士の先生です。詩は税金に関する内容になっていて、CDはAmazonでも購入することができます。税を身近に感じてほしいという気持ちから、税金関係の書籍もマンガ本にして販売していたりもします。そういう意味でも見習うところがたくさんある先生です。

トークショーでは、笹岡先生が税理士になったきっかけから始まり、裁決の重要性を再認識しました。裁判まで進んでしまうと裁判官の判断になってしまいます。裁決だと税務署がどのような基準で判断するのかを理解することができるということで、もっと裁決を読み解くようにしようと思いました。

このトークショー&ライブには、大学院で一緒に勉強した顔なじみのメンバーもたくさん来ていて、プチ同窓会のような状況で久しぶりにみんなと話もできて盛り上がりました。

これから忘年会シーズンで、予定が見事に埋まりつつあります。士業の忘年会だけでも色々な集まりがありすぎて、嬉しい限りですが飲みすぎに注意しないといけないですね。たくさんの人たちとお会いして、刺激をたくさん受けながら、年末の忙しい時期を乗り切っていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加