クラウド会計のチャット対応

時々無性にBOOWYが聴きたくなる大阪八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

さて、当事務所でも導入しているMFクラウド会計・freeeでは、ちょっとした質問はチャットで解答してくれます。時間は先方が決めた時間帯に限られますが、チャットでの対応は使ってみるととても便利です。

今日はとある質問をしました。

わたし:「○○はできないのでしょうか?」

クラウド会計側の担当者:「いまのところ対応しておりません。代替案になるかわかりませんが、現在は○○の方法で対応してみてください。今回のご要望は上にあげて、改善点としていきます。」

数分のやり取りで、希望していることは今のところできないこと、そして代替的な措置はあることが分かりました。そして、要望はきちんと改善点としてもらえるということで今後に期待も持てます。

このようなやり取りは当たり前なのかもしれませんが、できないときは代替案も示す、改善点としていくというところまではいかないことも多いように感じます。お客様への対応として見習うところがたくさんありました。

チャット対応でとてもスムーズに解答をいただいたことで、クラウド会計はきっと改善のスピードも速いんだろうなと思いました。クラウド会計はまだまだ発展途上なところがあります。ただ、ものすごい勢いで変化しています。これからどんどん改良されていく、それを肌で感じた一日でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加