ゆうちょダイレクト申込み

自分の会計は、なるべく自動で取り込めるものは使っている大阪・八尾の税理士・社会保険労務士の阿部ミチルです。

当事務所で積極的に導入しているクラウド会計は、もちろん自分自身の会計でも使っています。

それに伴って、インターネットバンキングの手続きをしていました。個人は無料の金融機関が多いですが、個人事業主として事業用で使うとなると法人扱いとなる金融機関もあります。

そんな中、個人でも法人でも現状無料なのがゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトです。

無料なところもメリットが大きいのですが、別名で使用ができるというメリットもあります。

まず、通帳を作ってからゆうちょダイレクトの申込みになるのですが、通帳を作る際、個人事業主で屋号を入れたい場合、普通の通帳ありのタイプだと、住所の後ろに屋号が登録されて、口座の名義は個人名になります。それでゆうちょダイレクトに申込むとゆうちょダイレクトも個人名になります。

もう一つ、振替口座というのがあって、振替口座の場合は、通帳がないタイプにはなるのですが、口座名義は個人名でも、別名として屋号の登録ができます。そして、屋号のみを別名として使用することも可能です。振替口座は、口座を作ったゆうちょ銀行の窓口でないとお金の入出金ができないので、単体で使うのは使い勝手が悪いですが、振替口座とゆうちょダイレクトを組み合わせれば、ネット上で他の口座に送金して、引き出しができます。

屋号のみを別名として使用する場合、旧姓でお仕事をされている方にとっては、メリットが大きいと思います。口座名義は、本名になることがほとんどだと思うので、もしそこで悩まれてる方がいらっしゃったらオススメです。

 

クラウド会計を使っていると、基本的には現金で支払った領収書の処理さえすれば、あとは自動で取り込まれた仕訳を確定すればいいだけなので、とてもラクです。現金払いの領収書もスキャンすればある程度は自動で仕訳をしてくれるので、だいぶ経理がスリム化されました。

いま、流行りのように経理代行の会社が増えていますが、個人的にはその前にスリム化できるところはスリム化してみてから経理代行を考えた方がいいのではないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加